GNUソフトウェアプログラミング: オープンソース開発の原点

Pirmais vāks
O'Reilly Japan, 1999 - 304 lappuses
GNUツール群の中からエディタ(Emacs)、コンパイラ(gcc、g++)、デバッガ(gdb)、ライブラリ(liba、libg++)、リンカ(ld)、アセンブラ(as)、プロジェクト管理ツール(make)、バージョン管理ツール(RCS)、プロファイラ(gprof)などの使い方、具体的な応用例をまとめました。単体のツールを取り上げるのではなく、それらを他ツールとの関連や連携を考えて、実際のプログラム開発に対応させて総合的に解説しました。

No grāmatas satura

Lietotāju komentāri - Rakstīt atsauksmi

Ierastajās vietās neesam atraduši nevienu atsauksmi.

Atlasītās lappuses

Bieži izmantoti vārdi un frāzes

Bibliogrāfiskā informācija